くちなしの部屋  〜子宮がん患者の会「くちなしの会」〜

くちなしの部屋

10月1日、ララスクエア四日市4階で、ピンクリボンイベントがあり、くちなしの会では相談会を行います。会場ではお楽しみがたくさんあるので是非お越しください。

また10月23日11時から四日市大学内の事務局で、おしゃべり会を開催します。今まで参加した方から「1人でいろいろ考えて不安になっているより、同じ病気をした仲間の話を聞くと傷ついた気持ちが楽になりました。私は病気をしていない友達の何気ない言葉にも傷ついたので、同じ不安や経験をした人にしかわからない気持ちがあると思います。参加して気持ちが楽になりました」と感想をいただいています。

子宮頸がん・体がんについて、皆さんの思いを話し合いませんか。

くちなしの会 代表 伊藤 姿

(「ぱれっと」vol.11 2017.9.15より)

くちなしの会 おしゃべり会

日時:2017年10月23日(月)11:00〜12:00

場所:四日市大学内4701 号(NPO法人ワークスタイル・デザイン事務所)

同じ子宮頸がんの治療でも、皆さん全く違う体験をされています。もちろん人によって状態や治療法が違うということはありますが、体質の違いや治療の反応性の影響も大きいと思います。例えば、同じ放射線治療を受けても、その人によって副作用の出方が違います。

私は放射線治療を始めて2日目から吐き気と下痢がでました。診察でそれを言ったら「2回くらいで副作用はでない」と否定され落ち込みました。でもあの時、実際私には吐き気と下痢の症状がでていたので「一般的にはまだ2回では副作用はでないが、あなたにはもう出始めたのですね」と私の体験を受け止めてくれたら嫌な気持ちにならずに済んだと思います。いまだに続く下痢に、今の主治医は「副作用が強くでるタイプですね」と理解してくれます。つらくて不安でいっぱいの治療も、誰かに理解してもらい、大切にしてもらえると元気がでてきます。

くちなしの会 代表 伊藤 姿

(「ぱれっと」vol.10 2017.6.27より)

 

私は子宮頸がんの治療そのものよりも、その副作用につらい思いをしました。治療が終わって4年半たつ今でもその影響に悩まされています。治療中は必死だったので副作用のことなど考える余裕はありませんでした。治療は終わっても、この不調が続いている限り、私の中では「終わり」ではありません。しかし、治療側は「副作用は仕方ない」と終わらせます。この辺りの気持ちとどう折り合いをつけていくか。副作用が続く、この新しい自分の身体とどう付き合っていくか。これらが今の私の課題になっています。

くちなしの会 代表 伊藤 姿

(「ぱれっと」vol.9 2017.4.20より)

 

 

<子宮がん患者の会 くちなしの会へのお問い合わせ>

メール:kutinasi2015@yahoo.co.jp

 

(事務局)

三重県四日市市萱生町1200 四日市大学内4701号

NPO法人ワークスタイル・デザイン内

℡059ー340−9330

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です